ICLお役立ち情報

ICL手術ができない・不適合な人の特徴5つを解説。適応検査の費用は

ICL手術ができない・不適合な人の特徴4つを解説。適応検査の費用は
  • ICLを考えているけれど、手術を受けれない人がいると聞いた
  • 自分がICL手術に不適合かどうか知りたい

ICL手術は、近視に悩む人にとって、人生がガラリと変わるほど優れた医療技術です。

とはいえ、近視に悩む全員の人が、眼内レンズを埋め込めるわけではありません。

ICL手術ができる人とできない人がいて、強度の乱視だったり、角膜の細胞が足らなかったりすると、不適合となります。

本ページでは、ICL手術を考えている方に対して、不適合となる人の代表的な特徴をお伝えしていきます。

適応検査の費用の相場や、無料で検査を受ける方法もお伝えしますので、 ICL手術に関する新しい知識が手に入ります。

 ICL手術は全ての人ができるわけではない

ICL手術では、目の角膜の部分にメスを入れ、眼内レンズを埋め込んでいきます。

メスを入れる以上は、事前に入念な適応検査を行い、リスクが少しでもあると不適合となります。

そのためICL手術は、全ての人が受けることができる医療ではないのです。

とはいえ、ICL手術を考えている方の多くは、適応基準を満たすので、そこまで心配する必要がありません。

ICL手術ができない・不適合の人の特徴5つ

ICL手術ができない要因は、さまざまにありますが、代表的な5つの特徴が次の通りです。

  • 強度の乱視
  • 過去1年の視力が安定していない
  • 年齢が21~45歳から外れている
  • 角膜の細胞が足りない
  • 眼球の「前房深度」が浅い

不適合となる人は、割合的にはかなり少ないですが、それでも上記に当てはまると、手術を受けることができます。

代表的な5つの例を、順番にくわしく解説します。

強度の乱視

強度の乱視の方は、ICL手術に不適合となる可能性が高いです。

眼内レンズには、乱視用と、乱視なしのレンズの2つがあります。

乱視用のレンズは、乱視の矯正に上限値があるため、強度の乱視だと不適合になりやすいのです。

また乱視用のレンズは、手術時で眼内レンズの位置を調整する時に、微妙に回転角度がずれると、うまく矯正視力が出ない問題があります。

レンズを微調整する難易度は、乱視が強いほど難しくなるので、医師によっては手術を見送るのです。

なお強度の乱視で不適応となった場合でも、先生によっては引き受けてくれるので、複数の医院で適応検査を受けるのをおすすめします。

過去1年の視力が安定していない

視力が悪いなりにも安定しているのが、ICL手術の適合条件となります。

理由はシンプルで、視力低下が進んでいる時期に眼内レンズを入れると、すぐにピントが合わなくなるためです。

およそ20~25歳までのあいだに、視力低下は止まると言われるので、未成年や成人したばかりの年代の方は、不適合となる可能性があります。

年齢が21~45歳から外れている

未成年および成人年齢の人は、まだ視力が安定していないかもしれないので、21歳以上が条件となります。

上限が45歳なのは、白内障を発症する年代に近くなっているためです。

ICLのレンズを入れた状態で白内障になると、レンズを抜去して、かわりに白内障の眼内レンズを入れることになります。

白内障の眼内レンズの方が、屈折矯正に良くなるため、おおよその上限年齢が45歳なのです。

角膜の細胞が足りない

角膜の細胞の数が少ないと、ICL手術に不適合となります。

もう少しくわしく説明すると、角膜は5層の膜から構成され、1番内側にある「角膜内皮細胞」の数がポイントとなるのです。

コンタクトの装用期間が長かったり、先天的な要因で、数が少ないケースがあります。

ICL手術では、角膜にメスを入れるため、手術するときに角膜の細胞数が減ります

角膜の細胞は、減ってしまった分については、元通りに回復しません。

細胞数が小さくなり過ぎてしまうと、視界が曇るといった問題が生じます。

したがって、事前の適応検査において、角膜の細胞数が少ないと判断されたら、不適合となります。

「前房深度」が浅い

図において、角膜から水晶体までの距離を「前房深度」と定義されます。

ICL手術においては、角膜を切開して前房にレンズを挿入した後に、虹彩(こうさい)と水晶体の間の「後房」にレンズを移動させます。

前房深度が浅いと、手術での作業スペースが小さくなるため、不適合となる可能性が高くなります。

ICL手術の適応検査の費用相場

ICL手術に適応しているかどうかは、事前にクリニックが行う適応検査で分かります。

適応検査では、複数の医療機器を使って、丁寧に検査を行うため費用がかかります。

費用は病院によって変わるので、全国各地のICL手術を実施する医院の適応検査費用を算出しました。

適応検査費用
品川近視クリニック(全国主要都市) 0円
サピアタワーアイクリニック(東京都) 11,000円
医進会グループ(東京都) 5,500円
和田眼科(兵庫) 11,000円
菊川眼科(静岡県) 2,500円
多根記念病院(大阪府) 11,000円

全国展開する国内実績No1の品川近視クリニックは、適応検査の費用が無料です。

ICL手術で国内トップの権威性を持つ北澤医師が執刀するサピタワーアイクリニックでは、1万円程度の費用がかかります。

他にもに全国の複数の医院を調査しましたが、5千円から1万円程度の料金が相場となります。

人気記事

→→ICL手術のエキスパートインストラクターが在籍する病院まとめ

無料で適応検査を実施「品川近視クリニック」

視力回復レーシック 適応検査が無料   土日祝日も診療   60万以下施術 
 再手術無料あり   交通費補助   国内最多症例数 

ICL手術は、全ての方が受けることができる医療技術ではなく、いくつかの条件をクリアする必要があります。

もしかしたら不適合なのに、ICL手術を受けるべきか悩んでいては、時間を無駄にしてしまいます。

また適応検査を受けた後に、医師に疑問点を聞くことで、ICL手術を本当に受けるべきなのかを正確に判断できます。

無料で適応検査ができるのは、ICL手術の症例数がNo1の実績を持つ『品川近視クリニック』です。

品川近視クリニックは、東京・大阪・名古屋・札幌・福岡の主要駅の近くにあります。

多数の症例経験を持つ医師が在籍しており、全国展開する大手クリニックであるため、オペレーションの体制が整っています。

オペレーションが効率化されているため、ICL手術の費用も、国内で最安値に近いです。

品川近視クリニック 『無料適応検査』の予約はコチラからどうぞ。

質問はTwitterのDMから受け付けますので、お気軽にご連絡ください。

ABOUT ME
レイ
レイ
はじめまして、レイと申します!このサイトは、検索やSNS上でICL手術の正しい情報をキャッチできないと感じて、運営を始めました。 筆者は飛蚊症レーザー治療とICL手術を経験していて、視力は0.03から2.0へ回復済です。 飛蚊症レーザー治療やICL手術について、お役立ち情報を発信していてくので、Twitterのフォローをお願いいたします!