全国のICLおすすめクリニック

【最新版】京都府のICL手術おすすめ医院は。費用・実績で比較分析

  • 京都でICL手術を実施するおすすめのクリニックは?
  • おすすめのICL医院や選び方を知りたい。

ICL手術の医療は、近視に悩む人にとって人生をガラリと変えるほどの魅力がありますが、受ける人が少ないため、生の情報が見つかりにくい問題があります。

私は2019年に、大阪の品川クリニックでICL手術を受けて視力回復を実現しています。

ですが、読者の皆様と同じように、関西エリアでの情報を集めるのに苦労していました。

そこで本ページでは、京都でICL手術を実施するクリニックを紹介し、関西エリアでのおすすめのクリニックをお伝え致します。

本ページを読むことで、失敗しない眼科クリニックの選び方が分かり、実績・権威性ともに十分な医師を知ることができます。

ICLクリニックの選び方

京都でのおすすめのICLクリニックをお伝えする前に、基本なる選び方を解説します。

ICL手術を実施するクリニックは、年々増加傾向にあり、選択肢が多くなることで逆に迷いやすくなっています。

とはいえ、ICLクリニックを選ぶ上では、次の3つの点に注意するのが基本となります。

  • 費用
  • 実績
  • 権威性

上記の3つのポイントは、選ぶ上で必ず確認しておきたい所です。

以下から、3つのポイントについて、順番に解説していきます。

費用で選ぶ

ICL手術の費用の内訳は、次の3つになります。

  1. 適応検査
  2. レンズ代
  3. 手術代

ICL手術は、実は全ての人が受けることはできず、条件を満たさないと不適合となります。

⇒ICL手術ができない・不適合な人の特徴5つを解説

条件を満たすか確認するために、最新の医療機器を複数用いて、時間をかけて適応検査を行います。

適応検査の費用は、全国展開する大手の『品川クリニック 梅田院』では無料ですが、他の医院ではおよそ5,000円から1万円の費用がかかります。

眼内レンズは、海外から輸入するため料金が決まっており、30万円程度です。

費用に開きが出るのは、手術代になります。

ICL手術は自由診療であるため、クリニックによって価格設定が自由で、約20万円から約70万円までの開きがあります。

<ICL手術費用の各内訳の相場>

  • 適応検査⇒無料~1万円
  • レンズ代⇒約30万円
  • 手術費用⇒約20万~約70万円

【全体の費用の平均】
約50万円から~約100万円

実績で選ぶ

ICL手術は、日本国内で2003年に臨床試験が始まり、それ以降ICL手術を実施するクリニックが増えています。

したがって、早期にICL医療を取り入れたクリニックが、実績が豊富の傾向にあります。

なお実績数No1は、全国展開する大手の品川近視クリニックで、累計症例数が15,000件を超えています。

京都からだと「品川近視クリニック 梅田院」が近く、実績を伸ばし続けています。

権威性で選ぶ

費用と実績で選ぶ他に、権威性でクリニックを探す方法もあります。

日本国内では、ICLエキスパートインストラクターと呼ばれる、権威性を持つ医師が10名います。

⇒ICL手術のエキスパートインストラクターが在籍する病院まとめ

簡単に説明すると、ICLエキスパートインストラターは、これからICL手術を始める医師に対して、手術を行う認可を与える権限を持ちます。

10名の医師からの認可が下りなければ、眼科医は眼内レンズを扱うことができないのです。

なお京都から近い場所だと、大阪市のフジモト眼科に、ICLエキスパートインストラクターの藤本先生が在籍しています。

京都府のおすすめICLクリニックは。2つの医院を徹底比較。

ICL手術を実施するクリニックについて、費用・実績・権威性の3点で分析を行います。

京都でICL手術を実施するクリニックは、次の2つの医院のみです。

  • 大内雅之クリニック
  • バプテスト眼科クリニック

以下から、2つの医院について、徹底分析を行います。

大内雅之アイクリニック(京都市南区)

(画像出典:公式HP)

時間
9:00~12:00
14:30-17:30

手術日:火曜午後・木曜午後
休診日:土曜午後・日曜・祝日
:手術・検査

大内雅之クリニックは、白内障手術と近視手術に力を入れている、京都市南区にある眼科です。

院長は大内雅之先生で、「担当医の顔が見える医療」をモットーとし、名前がそのままクリニック名になっています。

院内では、手術の様子が確認できる見学室が設置されており、非常に透明性が高いクリニックだと分かります。

ICL手術の流れ

大内雅之アイクリニックにおけるICL手術の流れは次のとおりです。

  • STEP1
    適応検査
    ICL手術に適応する眼球であるかチェックします。またICL手術の内容や、注意事項が伝えられます。
  • STEP2
    コンタクトレンズ装用の中止
    ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズの装用を、一定期間禁止します
  • STEP3
    再検査
    コンタクトの装用を一定期間中止した後に、眼内レンズの度数を決めるための再検査を行います。採血もします。
  • STEP4
    レンズオーダー
    契約を行い、予約金の入金後に、レンズオーダーします。レンズが届くまで2週間から1ヶ月程度かかります。強い乱視用のレンズだと、2ヶ月程度の期間を要することがあります。
  • STEP5
    手術当日
    点眼麻酔を行い、角膜を切開して、虹彩と水晶体の間にレンズを挿入します。片目の治療時間は、約10分となります。
  • STEP6
    術後検査
    翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後に術後検査を行います。術後検査では、散瞳検査(黒目を開く)するため、車の運転はできません。その他医師が指示した定期検査日に、術後検診を行います。

適性検査と手術費用

ICL手術の適応検査と手術費用は、次のとおりです。

適性検査 要確認
両眼乱視なし 726,000円
両眼乱視あり 770,000円

※警察官・消防士・自衛官・医療専門職の方に割引特典あり

費用については、関西エリアで比較すると、やや割高となっています。

例えば大阪には、ICL手術を実施するクリニックが21医院あり、平均費用が次になります。

【大阪の全21医院のICL手術の平均費用】

  • 乱視なし:616,000円
  • 乱視あり:717,300円

大阪の料金相場で比較すると、やや割高の手術費用といえます。

実績と権威性

ICLの症例数に関する実績については、HPでの記載はありません。

白内障の手術の症例数は公開していることから、ICLについては、まだ実績が十分でない可能性があります。

また執刀する大内先生は、ICL手術の権威的な存在であるエキスパートインストラクターではありません。

したがって、全国展開する大手クリニックや、エキスパートインストラクターが在籍する医院と比較して、実績と権威性が劣ることが考えられます。

基本情報

住所
地図
アクセス ●近鉄京都線東寺駅 徒歩14分
●近鉄京都線十条駅(近鉄)2番出口 徒歩11分
近鉄京都線京都駅 車7分
東海道本線(JR京都線)西大路駅 車7分
山陰本線(嵯峨野線)梅小路京都西駅 徒歩16分
烏丸線九条駅(京都府) 徒歩16分
烏丸線十条駅(京都市営) 徒歩17分
山陰本線(嵯峨野線)京都駅 徒歩18分
近鉄京都線上鳥羽口駅 徒歩18分
院長名 大内 雅之
公式HP https://www.ouchi-eye.com/

バプテスト眼科クリニック

(画像出典:公式HP)

時間
8:30~11:00
13:00-15:45

休診日:日曜・祝日

バプテスト眼科クリニックは、1999年に設立された京都北白川にある眼科です。

設立当初から、京都府立医科大学や京都大学、京都第二赤十字病院と連携して医療を行い、眼科治療の発展に努めてきました。

現在では世界トップレベルの医療を求めて、地元の京都の方だけでなく、全国から足を運ぶ人がいるほど、優れた医療を提供するクリニックです。

ICL手術の流れ

2022年の8月時点では、HPを確認する限りでは、ICL手術の流れに関する記載がありません。

新しく記載があった場合は、すぐに追記致します。

適性検査と手術費用

ICL手術の適応検査と手術費用は、次のとおりです。

適性検査 要確認
両眼乱視なし 852,500円
両眼乱視あり 852,500円

関西エリアの料金相場と比較すると、かなり割高の費用となっています。

とはいえ、他の医院より検査に時間をかけていたり、眼内レンズに関する優れた知見を持つ医師が執刀するのであれば、費用に納得感があります。

実績と権威性

ICL手術の症例数は、HPに記載がないため、実績については不明です。

また白内障の手術と比較して、ICL手術に関する説明が極めて簡単なものとなっているので、症例数が豊富であるとは考えにくいでしょう。

とはいえ在籍する医師は、眼内レンズに関する研究論文を発表していますので、十分な知見を持ち合わせていることが考えられます。

ただし権威性については、ICLエキスパートインストラクターが在籍していないため、他の医院と比較して劣ります。

基本情報

住所 京都市左京区北白川上池田町12
地図
アクセス 【JR・近鉄京都駅より】
市バス⑤岩倉行き(45分)北白川別当町下車 徒歩5分
【阪急烏丸または河原町駅より】
市バス③北白川仕伏町行き(25分)上池田町下車すぐ
京阪バス比叡団地行き(25分)北白川仕伏町下車 徒歩2分
【京阪出町柳駅より】
市バス③北白川仕伏町行き(7分)上池田町下車すぐ
理事長 木下 茂
公式HP http://www.eye-clinic.gr.jp/

京都でICLを実施するクリニックの比較まとめ

ここまでで、京都でICL手術を実施する2つの医院について、費用・実績・権威性の3点の内容をお伝えしてきました。

費用については、2つの医院とも関西エリアの相場より割高です。

また実績については、どちらもHPで公開していないため判断ができません。

とはいえ、豊富な実績があれば、公開するのが自然な発想なので、十分な症例数が無い可能性が極めて高いです。

さらに権威性については、ICLエキスパートインストラクターが在籍していないため、不十分です。

結論としては、京都限定でICL手術を実施するクリニックを探すのではなく、全部で21医院のクリニックがある大阪までエリアを広げるべきです。

全21医院から選ぶ大阪のおすすめICLクリニックは

大阪には、ICL手術を実施するクリニックが、21医院もあります。

最近では、実績と費用に優れる『品川クリニック 梅田院』や、ICLエキスパートインストラクターが在籍するおおしま眼科などが、症例数を伸ばしています。

ICL手術 大阪のオススメ眼科。21医院から費用・実績で徹底比較の記事で、大阪でICL手術を実施するクリニックを徹底比較しているので、参考としてください。

ICL手術 大阪のおすすめ眼科。21医院から費用・実績で徹底比較【2022年最新】大阪のICLおすすめクリニックを、「費用」「実績」「権威性」で徹底比較して紹介します。またクリニックごとのICL手術の流れもお伝えするので、ICLクリニックの正しい選び方が分かります。...

無料で適応検査を実施「品川近視クリニック 梅田院」

視力回復レーシック 適応検査が無料   土日祝日も診療   60万以下施術 
 再手術無料あり   交通費補助   国内最多症例数 

ICL手術は、全ての方が受けることができる医療技術ではなく、いくつかの条件をクリアする必要があります。

もしかしたら不適合なのに、ICL手術を受けるべきか悩んでいては、時間を無駄にしてしまいます。

また適応検査を受けた後に、医師に疑問点を聞くことで、ICL手術を本当に受けるべきなのかを正確に判断できます。

京都から近いエリアにおいて無料で適応検査ができるのは、ICL手術の例数が国内No1の実績を持つ『品川近視クリニック 梅田院』です。

多数の症例経験を持つ医師が在籍しており、全国展開する大手クリニックであるため、オペレーションの体制が整っています。

オペレーションが効率化されているため、ICL手術の費用も、国内で最安値に近い価格を実現しています。

品川近視クリニック 『無料適応検査』の予約はコチラからどうぞ。

質問はTwitterのDMから受け付けますので、お気軽にご連絡ください。

ABOUT ME
レイ
レイ
はじめまして、レイと申します!このサイトは、検索やSNS上でICL手術の正しい情報をキャッチできないと感じて、運営を始めました。 筆者は飛蚊症レーザー治療とICL手術を経験していて、視力は0.03から2.0へ回復済です。 飛蚊症レーザー治療やICL手術について、お役立ち情報を発信していてくので、Twitterのフォローをお願いいたします!