全国のICLおすすめクリニック

栃木・宇都宮のICL手術おすすめ眼科2選 ※費用・実績※比較まとめ

栃木・宇都宮のICL手術おすすめ眼科は。※費用・実績・権威性※で徹底比較
  • 栃木・宇都宮でICL手術を実施するクリニックを調べている
  • おすすめのICL眼科や選び方を知りたい

ICL手術の医療は、近視に悩む人にとって人生をガラリと変えるほどの魅力がありますが、受ける人が少ないため、最新の情報が見つかりにくい問題があります。

私は2019年に、品川クリニックでICL手術を受けて視力回復を実現しており、2021年の現在でもクリアで良好な視界を維持しています。

ですが、読者の皆様と同じように、自分に合ったICLクリニックの情報を集めるのに苦労していました。

そこで本ページでは、栃木ならびに宇都宮でICL手術を実施するクリニックを紹介し、おすすめのクリニックを分かりやすくお伝え致します。

本ページを読むことで、失敗しない眼科クリニックの選び方が分かり、費用や実績、権威性に優れた医師を知ることが可能です。

\費用・実績・権威性で徹底比較/

栃木・宇都宮のICLクリニックの選び方

栃木・宇都宮のICLクリニックの選び方

 

栃木ならびに宇都宮のおすすめのICLクリニックをお伝えする前に、選ぶ上での軸となる考え方をお伝えします。

ICL手術を実施するクリニックは、年々増加傾向にあり、選択肢が多くなることで逆に迷いやすくなっています。

とはいえ、ICLクリニックを選ぶ上では、次の3つの点に着目するのが基本となります。

  • 費用
  • 実績(安全性)
  • 権威性

上記の3つのポイントは、あなたに合ったクリニックを選ぶ上で、必ず確認しておきたいポイントです。

以下から、3つのポイントについて、順番に解説していきます。

費用で選ぶ

ICL手術の費用の内訳は、次の3つになります。

  1. 適応検査
  2. レンズ代
  3. 手術代

実はICL手術は、全ての人が受けることはできず、条件を満たさないと不適合となります。

⇒ICL手術ができない・不適合な人の特徴5つを解説

ICL手術に適合するかを確認するために、最新の医療機器を複数用いて、時間をかけて適応検査を行います。

適応検査の費用は、全国展開する大手の品川クリニックでは無料ですが、他の医院ではおよそ5,000円から1万円の費用がかかります。

眼内レンズは、海外から輸入するため費用が決まっており、どのクリニックも30万円程度です。

従って、ICL手術の費用に幅があるのは、「手術代」がクリニックで異なる為です。

ICL手術は”自由診療”であるため、クリニックによって価格設定が自由であり、約20万円から約70万円までの価格差があります。

<ICL手術費用の各内訳の相場>

  • 適応検査⇒無料~1万円
  • レンズ代⇒約30万円
  • 手術費用⇒約20万~約70万円

※費用に差が出るのは、手術費用になります。ICL手術全体の費用相場は、次のとおりです。

【ICL手術の費用相場】
⇒約50万円から~約100万円

実績で選ぶ

ICL手術は、日本国内で2003年に臨床試験が始まり、費用対効果の良さが広まるにつれて、医療を実施するクリニックが増えています。

したがって、早期にICL医療を取り入れたクリニックが、豊富な実績を持つ傾向にあります。

なおICL手術の実績数No1は、全国展開する大手の品川近視クリニックで、累計症例数が15,000件を超えています。

栃木からだと、東京都にある「品川近視クリニック 東京院」が1番近くてアクセスが良好です。

ちなみに栃木県内に在住する方は、品川近視クリニックの交通費補助制度の対象となり、最大1万円の交通費を受け取ることができます。

権威性で選ぶ

費用と実績で選ぶ他に、権威性でクリニックを選ぶ方法も有力です。

日本国内では、ICLエキスパートインストラクターと呼ばれる、権威性を持つ医師が9名います。

⇒ICL手術のエキスパートインストラクターが在籍する病院まとめ

“ICLエキスパートインストラター”は、これからICL医療を導入する眼科医に対して、ICL手術を実施する認可を与える権限を持ちます。

つまり、9名の医師からの認可が下りなければ、眼科医は眼内レンズを扱うことができないのです。

権威性を持つ医師が在籍するクリニックを選ぶのは、安全性や確実性が保証される可能性が高いため、有力な選び方の1つになります。

栃木・宇都宮のICL手術おすすめ眼科2選 ※費用・実績※を比較分析

栃木・宇都宮のICL手術おすすめクリニック

栃木ならびに宇都宮でICL手術を実施するクリニックについて、費用・実績・権威性の3点で分析を行います。

ICL手術を実施するクリニックは、次の2つの医院です。

  • 伊東眼科
  • もりや眼科

以下から、2つの医院について、費用・実績・権威性を軸に徹底分析を行います。

伊東眼科(宇都宮市)

伊藤眼科(画像出典:公式HP)

時間
9:00~12:00
14:00~17:30

※休診日:水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
※初診:予約不要
※手術日:火曜午後

伊東眼科は、栃木県宇都宮市にある、「宇都宮で最先端・最高水準の眼科医療」をモットーとした総合眼科です。

院内は、バリアフリー構造となっており、車いすに対応したトイレやエレベーターもあるので、車いすやベビーカーをお使いの方も安心してお越しいただけます。

当院では、細隙灯顕微鏡や手術顕微鏡をはじめ、最新鋭の眼科機器を多数導入しています。

そのため、一般的な眼科手術だけでなく、難易度の高い白内障手術や網膜硝子体手術、緑内障手術など、高度な技術を必要とする眼科の手術を、日帰りで受けることができます。

伊東院長は、済生会宇都宮病院眼科医長、産業医科大学附属病院外来医長などという地域の中核病院の責任ある立場を経験しており、難症例を中心に10,000件を超える豊富な手術実績があります。

ICL手術の流れ

伊東眼科におけるICL手術の流れは、次のとおりです。

  • STEP1
    適応検査(簡易検査)
    角膜から網膜、視神経に至るまで異常がないかを調べて、ICLの度数を決めるための検査を行います。
  • STEP2
    適応検査(詳細検査)
    日にちを改めて再検査をして、検査結果に誤差がないかを調べます。
  • STEP3
    レンズオーダー
    検査結果に基づき、レンズをオーダーします。
  • STEP4
    手術当日
    点眼麻酔で手術を行います。角膜に約3mmの切開創を作り、そこから眼の中にレンズを挿入します。レンズは虹彩と水晶体の間に固定致します。手術時間は片眼あたり約10分程度です。
  • STEP5
    術後検査・アフターフォロー
    手術後は必要に応じ、医師からのアフターフォローを受けていただきます。

適性検査と手術費用

ICL手術の適応検査と手術費用は、次のとおりです。

適性検査 手術費用に含まれる
両眼乱視なし 620,000円
両眼乱視あり 660,000円

※手術費用:術前検査、手術費用、術後1カ月までの検査・診察・点眼薬費用を含む。

実績と権威性

ICL手術の実績については、HPに記載がないため、詳細が不明です。

一般の眼科診療に加え、白内障手術や網膜硝子体手術、緑内障手術などの手術処置が日帰りでできることからも、質の高い手術や治療を受けることが可能と考えられます。

権威性については、ICLエキスパートインストラクターが在籍していないため、他の医院と比較して劣るといえます。

基本情報

住所
地図
アクセス ●バス/JR宇都宮駅利用 西口バスターミナル⑥・⑦乗り場
『作新学院駒生行』乗車
『作新学院前』下車後、徒歩約4分(約350m/日光街道方面)●バス/東武宇都宮駅利用 東武宇都宮駅前(大通り)バス停
『作新学院駒生行』乗車
『作新学院前』下車後、徒歩約4分(約350m)
院長名 伊東 健
公式HP https://itoh-eyeclinic.com/

もりや眼科(小山市)

もりや眼科(画像出典:公式HP)

時間
9:00~12:00
15:00~18:00

※休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日(土曜午前のみ、13:00まで)
※初診:予約必須

もりや眼科は、栃木県小山市にある、「地域の方から信頼される眼科」を目指した総合眼科です。

敷地内には、75台分の駐車場があり、雨の日でも車寄せがあるため、雨に濡れずに乗降できます。また院内も広々としているので、ゆったりと待つことができます。

手術は、白内障手術や近視矯正手術、網膜硝子体手術、眼瞼下垂手術、涙道手術などが可能です。

公式HPには、2013年から2020年までの手術実績が公開されています。白内障手術が最も多く、白内障手術は、2020年までに計5,500件を超える実績があります。

手術以外にも、結膜炎やアレルギー、ものもらい、眼精疲労などの眼科全般の治療も可能です。ドライアイに関しては、IPL治療を受けることができます。

また、白内障やICL、眼瞼下垂手術に関しての無料説明会が、定期的に院内で開催されています。

ICL手術の流れ

もりや眼科におけるICL手術の流れは、次のとおりです。

  • STEP1
    適応検査(簡易検査)
    手術をして問題ない目なのかどうかを確認します。散瞳検査を行いますので、帰りは見えにくくなります。(検査は完全予約制)
  • STEP2
    適応検査(詳細検査)
    色々な条件で視力を検査し、最適なレンズを決定します。その後、院長より手術の説明を受けます。
  • STEP3
    レンズオーダー
    検査結果に基づき、レンズをオーダーします。
  • STEP4
    手術当日
    瞳孔を拡大させ、点眼麻酔をして、角膜の緑を約3ミリ切開し、切開した部分からレンズを目の中に入れます。レンズを虹彩と水晶体の間に固定し、瞳孔を縮瞳させ手術は終了です。
  • STEP5
    術後検査・アフターフォロー
    院内でしばらくお休み頂いた後、問題がなければ帰宅頂けます。術後は医師の指示に従って点眼薬、内服薬をご利用ください。

適性検査と手術費用

ICL手術の適応検査と手術費用は、次のとおりです。

適性検査 手術費用に含まれる
両眼乱視なし 598,000円
両眼乱視あり 648,000円

※手術費用:レンズ代金、術前・術後1年までの検査・診察・投薬費用を含む。

実績と権威性

ICL手術の実績については、公式HPで公開されており、2020年には、年間97件の手術実績があります。

豊富な実績に加え、執刀を行う院長は、2021年2月にICLインストラクターの認定を受けています。

権威性については、ICLエキスパートインストラクターが在籍していませんが、手術経験豊富なICLインストラクターによる手術が受けることができ、他の医院と比較しても優れているといえます。

基本情報

住所
地図
アクセス ●JR小山駅 東口より徒歩約8分(約500m)
院長名 森谷 充雄
公式HP https://www.moriyaganka.com/

栃木・宇都宮のおすすめICL眼科の比較まとめ

栃木でICL手術を実施する2つの眼科について、費用・実績・権威性の3点の内容をお伝えしてきました。

費用については、小山市にある「もりや眼科」が1番安く抑えられます。

ICL手術の実績についても、「もりや眼科」だけが公開しています。

また栃木には、権威的な存在である”ICLエキスパートインストラクター”が在籍するクリニックがないため、権威性を求めることは難しいです。

以上をまとめると、栃木におけるICLクリニックの選び方は、次のとおりです。

栃木におけるICLクリニックの選び方

【費用と実績を重視】
⇒もりや眼科(小山市)

【権威性を重視】
⇒該当クリニックなし

無料で適応検査を実施「品川近視クリニック 東京院」

視力回復レーシック 適応検査が無料   土日祝日も診療   60万以下施術 
 再手術無料あり   交通費補助   国内最多症例数

ICL手術は、全ての方が受けることができる医療技術ではなく、いくつかの条件をクリアする必要があります。

もしかしたら不適合なのに、ICL手術を受けるべきか悩んでいては、時間を無駄にしてしまいます。

また適応検査を受けた後に、医師に疑問点を聞くことで、ICL手術を本当に受けるべきなのかを正確に判断できます。

栃木・宇都宮周辺のエリアにおいて無料で適応検査ができるのは、ICL手術の症例数が国内No1の実績を持つ『品川近視クリニック 東京院』です。

多数の症例経験を持つ医師が在籍しており、全国展開する大手クリニックであるため、オペレーションの体制が整っています。

オペレーションが効率化されているため、ICL手術の費用も、国内で最安値に近いです。

ちなみに栃木県内に住んでいる方は、交通費補助制度の対象となり、最大1万円の交通費を受け取れます。

無料検査・相談のWEB予約は、下記リンクからできます。

回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!

質問はTwitterのDMから受け付けますので、お気軽にどうぞ~。